2009年02月12日

伏見稲荷

昨日の連想の答え。
黒髪・和服、そして貼り付けた画像。
既に予想のつく方も多いかもしれませんがw

先日聞いた話。
京都は伏見稲荷。
過去何度か行ったことのある地ですが、
いつも気になっていた…
「焼き鳥」の「スズメ」や「ウズラ」。

流石に食べるのが可哀相だと思っていた。
…というか、「舌切りすずめ」じゃないですが、
どうもイメージ的に抵抗が。

なんでも、中国から輸入していた
「食用すずめ」が値上がりし、食べられなくなる
とのことです。
食べられなくなる前に…
食べたくなるのは、人の業というものでしょうか。

…頭の中に、ノトマミの声が響いてくる。
fusimijigoku.jpg

「イッペン、食ベテミル?」
伏見稲荷がボクを呼んでいる。

ちなみに…ちゃっかり写りこんでいますが、
先日始めた「アザアザ」。
コンプリートクリアしていますw
posted by かの at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

才能

MADという単語に慣れてきたのは
いつ頃のことだろうか。

マッドサイエンティスト鷲羽ちゃん、は
さておき…北○の拳等が元ネタの
MAD動画といえば…やはり大学時代。
何年前かは考えないでおこうw

akagi001.jpg

ワタクシお気に入りの「攻殻機動隊」が
元ネタのこの動画

ttp://www.nicovideo.jp/search/
%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AE%E3
%80%80%E9%97%98%E7%89%8C%E3%80%802n

…芸が細かすぎる。
鳥肌が立つくらいシビレル動画です。

アカギ、カッコイイ。

これが破滅に繋がる伏線だったとは、
この時はユメにも思わなかった。
posted by かの at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

某氏に贈るww

盆休みシーズンに突入して、
元気が削がれている作者です。
土曜の出勤が決定しますた。

家に帰って、己を奮起するためにも
元気の出る画像等、検索中…
滋養強壮剤????になり得るモノに出会った。

ttp://miruyo.blog38.fc2.com
/blog-entry-499.html

ビバ!幼女!!!

久しぶりに笑った。
鶴屋さんにも負けないくらい笑った。

ってことで、コレを某氏に贈るw


…既視感(デジャブ)を感じた貴方、
それは決して、昨日よく似た記事を見たから
ではなく、貴方にエージェントが近づいて
いるからです。
posted by かの at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

某氏に贈るw

盆休みシーズンの目の前にして、
元気が失われている作者です。
明日の出勤が決定しますた。

家に帰って、己を鼓舞するためにも
元気の出る動画等、検索中…
カンフル剤になり得るモノに出会った。

ttp://news23vip.blog109.fc2.com
/blog-entry-1322.html

ビバ!幼女!!!

久しぶりに笑った。
鶴屋さんにも負けないくらい笑った。

ってことで、コレを某氏に贈るw
posted by かの at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

世界観 その2

さて、対する遠坂サイドの見解もしてみよう。
いわゆる、世界は自分を中心に回っているという
世間的にアブナい人達だw
しかし、この表現はいささか極端すぎていて、
実際、世界と自分を結び付ける考え方をする人、
或いは宗教は少なくない。
先に貼った遠坂嬢の言葉に対し、
なるほど、とあっさり受け取れた人も
いるのではなかろうか。

「Key the Metal Idol」の天才プロデューサーw
吊木氏も、自分の世界の大きさを認識していた。

世界は、あくまで自分の手の届く範囲内のもので、
「うまく行かない」それもまた自己責任と受け止める。

自分の信念・正義感等を強く持つ人に多いのだが、
この世の不条理に真っ向から立ち向かい、
歯を食いしばって耐え、そして打ち勝つ。
己の努力で、世界は変わると信じ
…それ故に、心が折れた時は尋常ではない。

「正義の味方」になりたかったという
第四次聖杯戦争のセイバーのマスター然り、
十本刀一の忠臣とまで謳われた百識の方然り、

信じていたモノ、信じて疑わなかったモノが
崩れた時の落胆は大きく、その反動も大きい。

とはいえ、信じるモノがある限り
途方も無い強さを発揮するのも、また事実。
心の砕けぬ限り、肉体を精神が凌駕することさえ。

痛みを感じても、
それも試練として受け止め、乗り越える人達は。
posted by かの at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

ついでだから

ココまで絡ませておいたついでに、
己の世界観についても触れておこう。

「世界」という領域の捉え方について。

「ROD」「かみちゅ」等でご存知の方も多い?
舛成監督は世界は自分を中心に回っていると
コメンタリーにて語っている。

お馴染みw 涼宮ハルヒシリーズのヒロイン
涼宮ハルヒは、七夕の願い事にて
「世界が自分を中心に回るようにせよ」と。

もはや説明の不要なw「赤い悪魔」は
rinworld.jpg
こう語り、アーチャーは呆れて絶句している。

我の強さでは、どれも超一級の人達ばかりだw
唯我独尊な彼等の何が違うのか。

ひとえに…「世界」という領域に対する
捉え方、スタンスが違うのである。

分かりやすいハルヒの方からw 解釈してみよう。
ハルヒにとって「世界」は自分とは離れた
イメージがある。
閉鎖空間という異世界を具現化していることも
そのことを示す一要素。

また、涼宮ハルヒの憂鬱Xの劇中にて、
野球の観戦に行った際、自分の持っていた世界の
狭さを知ってしまい、それに抗うかの如く、
突飛な行動をするようになっている。

「世界が自分を中心に回るようにせよ」
即ち
「世界は自分を中心に回っていない」ことを
ハルヒは充分に理解済みなのである。

このテの世界隔離立場的な考え方の人は、
次に語る世界自己癒着的な考え方の人より、強いw
カンタンに言うと、世界が思うように行かないのは、
何かの所為に出来るからである。
世界の管轄が己で無い以上、うまく行かない
原因があるわけで、それを取り除けば良い。
それでも駄目なら、ふて腐れば良いのである。
「無い。…全っ然、無い!」
どうやらコイツの口癖は「全然」のようである。

zenzen.jpg
…ココに来て、ようやく
8月3日の伏線が実を結ぶわけであるw

…続く
posted by かの at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

生きる強さ

ま、とりあえずコレから

ttp://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/
fukuyama-museum/schedule/children/heiwa.html

えっと…某シナリオライターさんの
持論でいくと…
「お金を取らない二次展開は是」
でしたっけ。

一見、テーマ「平和」に対する接点が
まるで無さそうに思えますが、

ikiharuhi.jpg

…確かに、強いお方ですw
こと、生きることに関してはw


第二期も、そんなに遠くない気が。
posted by かの at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

今日もネタ無しでw

今日の朝一。朝食を摂りながら朝日新聞に目を通す。
ま、テレビを見ないけど、テレビ欄もチェックしたりするw

…DS、「カンペキ漢字力」本日発売。
むぅ、なんと魅力的なタイトルなんだろう。
タッチペンも有効活用できるし。
でも、携帯ゲームは一つでいいかな。
それすら、あまり活用できてないけど。

それはさておき。
新聞にゲームの広告が載ることに驚き。
前にテレビ欄の下に「20世紀少年」の広告が
載ってた時も、驚かされたのですが。

よもや普通に社会に溶け込んでたりするのだろうか。
漫画もゲームもアニメも
 宇宙人も未来人も異世界人も超能力者も…。
もはや世も末な状態ですね。…ワタクシが。

ええ、もう開き直ってやりますとも。
とりあえず、8月23日。DAMで「God knows...」が
解禁されるので各々練習しておきなさい、以上!
haruhi02.jpg
posted by かの at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

ごめんね〜

昨日の晩から創作意欲が昂ぶって
正直何にも手がつきません。
今日は手抜きです。
ごめんなさい。
kurame.png

続きを読む(長いよ〜)
posted by かの at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。