2006年08月10日

…参った。

さて、明日あたりから忙しさに加速がつきそうなので、今日はじっくりと
更新しようと、パソコンを立ち上げDVDを再生する。
suto.jpg
あれ?GOMプレイヤーが動かない。つか、なんだ?このエラー構文は。
ま、いいか。気にしたら負けだ。寝て起きたら直ってるでしょう。

さて、最近少し増えてきた、使える魔法でも紹介しておこうかな。
・ミュート:時々寒いギャグで周囲を沈黙させます。対象:全体
・ブレス :時々自他共に驚くほど幸運値をあげます。対象:何故か自分
・フォーチュン:時々実用性は低いのですが、正夢を見ます。よく当たる
        ので疑わないようにしています。対象:未来の自分
・デリート:時々認知したくないものを消してしまうことがあります。
      一例:「ゲド戦記?知らないなぁ。」
・カース:時々負の感情が制御できず暴走します。
昔、会社の後輩が通勤にマイカーを使い出した。
真っ赤なVitz。赤はボクの専売特許だ。
     やだなぁ、と思ってたら先日、4台巻き込む追突事故で、
     ローンを残して車大破。もう車には乗らないとのこと。
     …ボクのせいだろうか。

頻繁に使えないのは、MPが少ないからだと思いますw
そして、明日はサマージャンボの抽選日。今回は大当たりしない予定だ。
さて、どうなるのでしょう。

すべてはGod knows...
posted by かの at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

自己紹介の続きなど

さて、今日は久しぶりにゆっくり出来たので、
自己紹介の続きでもしてみようかと。
今回は、それなりに長いこと生きてきて、
そんな中で続いてきたモノ。

そろばん:キリの良いところ、ということで一級まで。
      5年くらい。

 水泳 :ちっちゃい子のおしっこ対策のせい、だろうか。
      プールの殺菌剤・塩素に目をやられて
      結膜炎が治らなくなりドクターストップ。
      四泳法マスターで、7年くらいかな。

 ピアノ:エレクトーンから始め、ピアノの先生に教わり、
      従姉(大阪音大)に習うも、多忙の為断念。
      ヘッドホン付きのピアノがあれば、もっともっと
      長く続けていたち思う。弾くのは好きだったから。
      およそ12年ほど。…本気で。

 ゲーム:中3の頃、仲良くなったエドさんに教わる。
      デビューは「ストUターボ」と「Final FantasyX」
      中3の夏〜冬、スーファミ借りて、一晩中
      やってました。…ピアノに追いつき12年目!

映画鑑賞:母と梅田に出て、ボクは映画館に放り込まれ、
      母は買い物をしていた。記憶にあるのは
      「のび太の小宇宙戦争」ボクの生まれた年から
      大長編ドラえもんが始まったので、6歳の時
      から映画見てることになります。ん〜懐かしい!
      この21年ばかりの歴史、今度振り返ってみます。

音楽鑑賞:幼き頃、我が家のレコードは、ボクの生えかけた
      前歯の餌食となった…そんな暗黒時代は置いといて
      エレクトーン時代、コンサートで自分の演奏する
      曲のデモテープを繰り返し聴いた記憶があるから
      あれは6歳の時かな。自分から曲を聴いたという
      記憶はここから。これも21年くらい。

 読書 :字が読めるようになって以来。
      「日々の糧、私は活字を食べて生きている」
      …言いすぎかもしれませんが、本気で
      活字の禁断症状が起こりうる体質かと。
      「はらぺこあおむし」が最古の記憶。
      およそ23年くらいかと。

ま、いろいろとやってきた人生なのですが、そんな中で
今の性格形成の礎となったモノといえば、やはり
読書と、そしてゲームの影響が大きいと思います。

その辺は、また語っていきたいと思います。
posted by かの at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

タイトルの由来とか

幼いころ、あこがれたものはありますか?
学校の先生とか、スポーツ選手とか…。
そんな次元をぶっ飛んだ人間がいたりするのです。

小さな頃から視力を削って書物を読んできたのですが
そんな中で、こんな言い回しをよく目にしました。
「かの偉大なる国王は〜」
「かの有名のエジソンは〜」
「かの凶悪な犯人は〜」
…“かの”ってスゴい!
後に続く文をパワーアップさせて見える!

“かの”(彼の)意味:あの、その
        英語:that

そんなモノに 憧れて 引きずって 未だ追い求めて…
いつかきっと“かの”を冠するようなことをしてみたい!
そんな野望が「いつでも“かのかん”」を生みました。

大学時代「かの〜」という説明の仕方を時々使っていたため、
気が付けば、このハンドルネームが定着しつつ…

野望云々はひとまず置いておきまして、
「感想・観察」の「かん」も兼ねて、
日々の一コマを日記に綴っていこうかと思っています。

心に移り行くよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば
といった感じで、楽しく更新していきます。
posted by かの at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。