2006年08月07日

昨日の補足、みたいな?

昨日見た「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」を
ふり返ってみて、なんとなく思い当たるフシがあったので少し準備を。
今回の「デッドマンズ・チェスト」面白さの雰囲気が、ある作品を思い
出させた。そう、この作品。
indy01.jpg
「インディー・ジョーンズ 最後の聖戦」
なんで、あっさり出てくるんだろうねぇ。マイパソコンはw
前作と少し変わり、ユカイな冒険活劇みたいなトコロの多かった今回の
「デッドマンズ・チェスト」。いわゆる、インディっぽい面白さを感じた。
極魔界村、ムズイ。つかゲームやるのが久しぶりすぎて、
目が回ったり、頭痛がしたり。正直、参ったw

いや、それが悪いとは全く思わないけどね。
ふり返ると、あの当時の名作「スターウォーズ」「ターミネーター2」
「バックトゥザフューチャー」「インディ・ジョーンズ」等々。
今の映画にヒケをとらない、面白さのように思える。
CG、あるいはDTSと言った映像・音響の躍進の割には、
目を見張る面白さ、を感じる映画ってのも少ない気がする。
だからこそ、「デッドマンズ・チェスト」を素直に
「面白い」と言えるのかもしれませんね。
indy02.jpg
戦闘機相手に傘一本で挑み、勝利するインディ・パパ。演じるは
「ショーン・コネリー」当時こんな父親に憧れw、またショーン・
コネリーに興味を持ったのも、この映画のおかげです。
posted by かの at 23:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズ・チェストの罠
Excerpt: パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズ・チェスト いわずと知れたディズニーの大ヒット海賊映画の第2弾。遅まきながら観てきました。内容はとても満足できたのですが...
Weblog: サラリーマン、辞めたら人生輝いた!
Tracked: 2006-08-08 16:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。